業務の効率化を図る為に便利なサービスを利用しよう

アウトバウンドとは

アウトバウンド型営業の概要

営業にはいくつかの手法に分類されており、その中にアウトバウンドと呼ばれるタイプがあります。 アウトバウンドとは意味として、内部から外部へ流れ出る事という状況を指しています。営業用語ではこれを大まかに解釈して、自社から外部へ飛び込みや電話による積極的な接触を試みるタイプの営業を指しています。 アウトバウンド型営業は近年、代行業者に依頼するケースもあるとされています。こうした代行業者では新規顧客獲得を図ったコールセンターやダイレクトメール業務の他、イベント後のフォローなどを行うサービスもあるとされています。 アウトバウンド型営業代行サービスでは、依頼者の要望を踏まえた営業・サポート体制の思案および見積もりを行い、それに合意・契約すれば本格的な体制確立・作業手順作成などを経て代行業務開始に至る流れとされます。

代行営業サービスが確立した背景

アウトバウンド型営業は対照的な意味を持つインバウンド型営業、すなわちある対象に興味があるユーザを集められる様なコンテンツを準備して、来訪を待ってから対応するタイプの営業とは異なります。それはつまり、不特定多数のユーザ候補に対して、断られる確率があるとしても接触を試み、自社商品の利用による利益提供を積極的にアピールする事になります。 こうした特徴があるため、既に自社コンテンツに対する興味を持つ従来の顧客だけで無い、新しい顧客層を探す時には有効と言えます。その反面、人員や時間がかさむ業務でもあるので、自社だけでこの業務を賄うのは負担となる確率がある事に加え、アウトバウンド型営業の経験が薄い事業所では不利となります。 そこで、専門の知識と実績、マーケティングの工夫を持つ代行業者に依頼するケースが出てくると言われています。

Copyright (c) 2015 業務の効率化を図る為に便利なサービスを利用しよう all reserved.