業務の効率化を図る為に便利なサービスを利用しよう

便りになる存在

電話代行の今後について考える

電話代行は電話秘書などとも呼ばれており、会社にかかってきた電話を電話代行会社に転送しオペレーターが対応するというサービスです。オペレーターは要件を受けると電話やメールにて内容を連絡してくれます。 この電話代行は事務所に電話番がいない、営業で出払ってしまうことが多い、質の良い電話対応を導入したいなどと言う場合に利用されていまます。顧客からの電話を逃さないことによって新規顧客につなげたり、売り上げを伸ばすことにもつながっていくのです。 また電話代行サービスのオペレーターは話し方や言葉使いなどしっかりと教育を受けた後に対応しているので、今後電話対応は電話代行に依頼して質の良い対応を求める企業も増えてくると考えられます。

導入する前に注意したい事

電話代行サービスは様々なメリットがあるため導入する会社も増えてきています。しかし導入する前に注意したい点もあるのです。 会社に電話がかかってくるとそのまま電話代行会社に転送されるので、顧客は会社にかかっていると思います。オペレーターが対応してくれますが電話代行会社によっては大勢のオペレーターが在籍しています。そのため顧客が再度電話をしてきて、先ほど電話した人を出して欲しいと言われて場合すぐに対応することが出来ない事があります。 また何度も電話をかけてきた場合にも様々なオペレーターが対応するため、大きな会社と勘違いされてしまう事もあります。このようなことも起こると考えて導入を検討する必要があります。

Copyright (c) 2015 業務の効率化を図る為に便利なサービスを利用しよう all reserved.